カードローンの申し込み方法から現金を借りるまでの流れ

お金がないので借りる
まだカードローンを使った事がない方も多いかと思います。カードローンは金利が高いという悪いイメージを抱いているかもしれませんが、使い方によっては便利ですし節約できたりもするんです。

 

もし急にお金が必要になった時のために、カードローンの申込方法から実際に現金を借りるまでの流れを知っておくといざという時に困りません。

 

カードローンには2種類ある

カードローンといっても銀行と消費者金融のもの2つがあります。私はどちらも持っていますけど、主に使っているのは消費者金融カードローンです。どちらも使い方はほぼ同じですけど、申し込みの方法はちょっと違います。

 

銀行カードローンの場合、その銀行の融資窓口などで申し込み手続きをするのが一般的です。ただ最近ではインターネットから申し込みできるところも増えてきているので、店舗が近くにない銀行カードローンを申し込むならそちらのほうがいいです。

 

申し込みが終わると審査待ちになりますが、申し込み時間によっては審査が終わるのが翌営業日になる事もあるようです。基本的に土日祝日は銀行が営業していないので、大型連休の時などは審査結果が出るまでは時間がかかってしまいます。

 

審査をクリアしたら、銀行カードローンの場合は郵送でカードが送られてくる事が多いです。そのカードで銀行ATMやコンビニATMでキャッシングすれば現金を借りる事が出来ます。

 

消費者金融カードローンの場合は銀行のように実店舗を持たないところが多いので、各地域にある無人契約機で申し込むのが一般的です。私も初めてカードローンを申し込んだのは駅近くの無人契約機でした。

 

こちらもインターネットで申し込む事もできますが、カードを受け取るには無人契約機に行くことになります。郵送も可能ですが、少しでも早く現金を借りたいなら無人契約機に行くのが良いでしょう。消費者金融カードローンだと審査が早いですし、土日祝日も関係ありません。

 

無人契約機でお金を借りる

無人契約機に行くと、申込書があり電話での指示に従って申し込みしていくことになります。消費者金融だとその場でカードが発行され、審査をクリアしたならそのカードを使って現金の借り入れができます。

 

審査が最短で30分という会社が多いので、申し込み開始から1時間もあれば審査が終わって現金を借りられるようになるんです。本当に金がない!どうしようという場合や、今すぐお金を借りたいという場合には消費者金融カードローンがいいですね。

 

ちなみにインターネットで申し込んで無人契約機に行ってカードを発行すれば、無人契約機に向かっているうちに審査が終わっているので、時間のロスを防げます。あとは銀行カードローン同様に、コンビニATMなどで手続きすれば現金を簡単に借りる事ができるのです。

 

ちなみに最近では銀行カードローンでも無人契約機を設置しているところもあるので、消費者金融と同じ流れで出来るケースもあります。カードローンは銀行と消費者金融によって若干申し込み方法が違いますし、申し込みする時間帯によっては現金を借りられるまでの時間も変わってきます。

 

申し込みの際には運転免許証やパスポートなどの本人わかる書類が必要です。また人によっては収入証明書の提示を求められる事もあるので、すぐに準備できる人は念のため持って行った方が二度手間にならなくて済みます。

 

私が初めて申し込んだ時は、その情報を知らなかったので運転免許証しか持って行かなかったです。ですが私の場合は運転免許証だけで借りられました。

 

お金を借りるのは面倒くさそうだし時間もかかりそう、と思うかもしれませんがカードローンは準備する書類も手続きも意外と簡単です。何も知らない人でもわかりやすく説明してくれるので、きっと誰でも簡単に申し込みできると思います。